委の歴史

漢書地理誌 「樂浪海中有倭人、分爲百餘國、以歳時來獻見云」

唐代の史家の顔師古が注を書いている。
  如淳曰「如墨委面、在帶方東南萬里」
  臣瓉曰「倭是國名、不謂用墨、故謂之委也」
  師古曰「如淳云如墨委面、蓋音委字耳、此音非也 倭音一戈反 今猶有倭國」

 魏の如淳は倭人を「如墨委面」と書いた。文章上は主語で倭国の別称であることは間違いない。漢時代の倭国の別称を東晋の臣瓉はすでに理解していない。臣瓉は注でこの国を「委」(イ)と言ったとしている。唐の顔師古は、如淳の「如墨委面」の「委」は認めても、臣瓉の「倭=委」を否定した。倭の音はヰではない「ワ」である。現に今でも倭国があるではないかとしている。しかし「蓋」(けだし)(思うに・・であろう)を使って自信のなさが表れている。

 倭は「ワ、イ」と読めるが「委」はイでありワとは読めない。それを臣瓉は、「倭を委」に置き換えているのは、晋時代までは同じ「イ」の音であったことを証明している。唐時代には、イの音はすでに忘れ去られ「ワ」以外には考えられなかったのである。委奴国の委(イ)は、おそらく「東の人」を表した古い時代のものだろう。

「委奴国、邪馬台国、邪馬壹國、邪馬臺国、俀国」

共通しているのは「イ」の音である。隋書の裴世清は、秦王国を夷州と疑っている。
これはその地名に「イ」が付いていたからである。倭人伝では不彌國に該当する。

 范曄は、何故壹から臺へ改変したのだろうか。それは倭讃が自国を「タイ・イ」
(大委)と発言していたのではないだろうか。聖徳太子自筆とされている法華義疏に「大委国上宮」の記述がある。

 
                  
  

委奴国王、帥升、卑弥呼の越人の「委」は、縄文人壹與に受け継がれ「大委」として倭の五王、聖徳太子へと受け継がれて来た。それを隋書は「俀国」と書き表した。裴世清が達した名も無き「經十餘國達於海岸」は遠賀川の行き止まりの海岸であり、会見した俀王多利思北孤は筑豊地域に居たと思うのである。

            


 卑弥呼の宮殿は糸島市蔵持の南にあった。しかしここは倭人伝にある邪馬壹國ではない。卑弥呼は邪馬壹國の女王ではない。卑弥呼は女王国と表された委奴国の後継者であり、三雲遺跡、平原遺跡の近くに居たのである。蔵持とは古くは「車持部」であり、履中天皇が筑紫の車持部の権利を取り上げたという記録が残っている。現在で言うと国土交通省長官になるのだろう。その隣に平原遺跡があり、蔵持の南側に卑弥呼の宮があったのではないだろうか。

 倭人伝の邪馬壹國は壹與の都であり飯塚市にあった。この邪馬壹國は梯儁でなく張政の報告書によるものであり、張政の時の倭女王は壹與である。糸島地域にある頭に「イ」の付く地名が飯塚市にも大集結している。卑弥呼以後、筑豊地域からは他地域とは比べ物にならないほど多数の素環頭太刀の出土があることから考えると、倭国の権力の中枢は飯塚に移ったと思われるのである。陳寿は越人が作った国に琅邪の「邪」を使い、その出自を表した。狗邪韓國も同じ勢力である。

親魏倭王でありながら「死の表記された惑わす卑弥呼」と「衆望に諧う壹與」との間には、深い断絶を私は感じる。 

                             





             始祖王壹與
 
 紀とは本来編年体で書かれているはずである。日本書紀の舒明天皇から昭和天皇実録に至るまですべて編年体であり実録である。読んで字の如く年を編むのであり、在位期間と年次記事数は同じになる。ところが神武天皇から推古天皇の間はスカスカの状況である。日本書紀は持統天皇譲位697年で終わり、古事記は推古天皇で終わっている。

書記の年次数は451年分ある。もし最初に編年体で編纂した書紀を神武天皇即位660年まで引き延ばしたと考えると、持統天皇譲位から451年分の記事数を引けば、本来の始祖王が判明するのではないのか。

「697-451」は、卑弥呼死亡、壹與即位が該当する。

壹與の名は「ヨ」である。この「国名+名」は倭の五王「倭讃」へと続いている。
さらに研究を進めて行きたい。



 



































inserted by FC2 system